KANAGAWA ROOKIE LEAGUE

クラブ運営

※このブログは2018年8月4日に投稿されたものです。

当クラブが主催している年間リーグ、KANAGAWA ROOKIE LEAGUE。

このリーグにはBチームのみが参加できる。年間を通して拮抗した試合を繰り返し個々のレベルアップを目指す。期間中にレベルアップしAチームに昇格していく選手も多いのでは?と感じている。もちろんAチームに上がらなくてもいい。子どもたちが試合にたくさん出てよりサッカーを好きになってくれればこのリーグを設立したことは成功と言える。

今年で7年目に突入!目指せ10周年!これからもコツコツやっていきます☆

今日は5年生。うちのBチームは別の招待大会に参加しているため運営のみ。

ラインを引き、ゴールを立て、ベンチを置き、なんとかキックオフに間に合ったので少し日陰で休憩。

f:id:kazusuzuki1210:20180804172853j:plain

朝から気温が高く休み休みやらないと大人も危険ですw

子どもたちも心配ですが僕は黒い審判服を着たおじ様たちが一番心配でしたw

無事リーグ戦を4試合こなし次はAチームのトレーニングマッチ。

FCカルパさんに来て頂きました。いつもありがとうございます。

f:id:kazusuzuki1210:20180804173629j:plain

担当コーチがBチームの大会で不在のため代打で監督。

メンバーは前日に教えてもらったので熱中症の管理に全力を尽くし、細かな良いプレーを見つけながらひたすら承認!

1本目が終わった後に少しミーティングを入れました。

以下伝えた内容。

①自分がボールをプレーする時は意思表示をしよう。※OK!任せろ!など

②意思表示は仲間のためにするもの。役割り分担がすぐできればカバーの準備をする時間も確保できる。

③判断せず相手ボール保持者にアプローチに行くのではなく、アプローチが間に合わなければスペースを守ろう。

15分×5本で得点4、失点0。内容も悪くない。

担当コーチには内容の部分を噛み砕いてフィードバックしなければ( `ー´)ノ

朝から昼までを乗り切りこれからジュニアユースのトレーニング。

がんばろう。

鈴木ゆうた

コメント

タイトルとURLをコピーしました